NEW YORKへ行こう!

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧




肥満税

意外にダイエットはちゃんと続いている。
我ながらあまり自分に期待していなかったのに
ヨガに週2回行っているし
おやつも食べない。
外食しないし、毎日ランチボックス持参。
えらいっ!
officeの角の例のVendorのおっさんも無視し続ける。
友人からの食事のお誘いもお断りする。
健康食をいろいろ調べて料理するのも楽しくなって来た。
サラダやスープを作って残りを翌日のランチにする。
節約できるし一石二鳥。

確か日本に居たときは”痩せて綺麗になりたい!”と思って
ダイエットをしたような気がするけど、
今は”ああにはなりたくない”とデブに囲まれながら
ダイエットを始めたような感じがする。
デブが多すぎて、日本にいる人達は信じないかもしれないけど
いいのか悪いのか私はこの国で痩せぎみの人のカテゴリーに入る。
The Bronxに居る場合、痩せ過ぎの人のカテゴリーに入り、
米南部、ルイジアナなどに居る場合、栄養失調の人のカテゴリーに入る。
なので、私はダイエット中などと言ってしまうと、
ものすごい人々の反感を買ってしまう。もしくは冗談だと思われる。
案の定、officeでは誰も私が本気でダイエットしてると思ってなくて
いつも通りおやつをくれる。

ところで、NY州知事パターソン氏は肥満税を導入しようとしている。
Good Job!
糖分の入ったソーダーに課税する(確か15%くらい)ということらしい。
ソーダーを飲まない私としては、全く大賛成。
50%課税すれば良いのにとさえ思う。
確かにアメリカ人、いつもコーラーを飲んでいる。
まるで水の代わりに。そして毎食、食事と一緒に。。。
見てるだけで具合悪くなる…。
デリでランチを買うとタダでコーラーが付いて来たりする。
コーラー飲まないから水に替えてというと、水の方が高いからダメだという。
意味が分からない。
もっといろんな物に肥満税課税すればいいのに、と思う。
サイズが大きい服に課税したり、Lサイズ税。
ファーストフードに課税したり、ダブルバーガー税。
Good Ideaだ!
[PR]



by willcoco | 2009-03-27 12:29 | 日記

ダイエット

ダイエットを決行することにした。
そろそろ春物を…。と思って着てみると…。
きつい。。。
そういえば、腹が出て来た…。
マズい。
歯が痛くなくなって以来、楽しくどんどん食べている。
すごくマズい。
ヨガもさぼりぎみ。
いかん。
夏に向けて、これではいけないと思い1ヶ月程カロリー減することにした。
と決意した日に、友人と台湾料理を食べに行ってしまう。。。
ううう。私って。

しばらく外食禁止。
週に2回はヨガに行く。
ランチは節約もかねてなるべくランチボックス持参。
officeのおやつ専用引き出しの撤去。
ビール禁止。
水、お茶をよく飲む。
昼か夜どちらかをサラダのみにする。
朝、Vendorでベーグルを買うのをやめて、朝食をフルーツのみにする。
これ私の朝の楽しみなのに…。仕方ない…。
都合良く、officeの角にあるVendor。
日本語に直訳するとかなりヘンだが、朝ご飯売りの屋台。
ドーナツ、ベーグル、デニッシュ、コーヒー、紅茶、果物。すべて$1以下。
ここでお気に入りのレーズン&シナモンベーグル+バター(75セント)を買って出勤。
officeでコーヒー入れて、むしゃむしゃ食べながら仕事する。
日本じゃ朝ご飯食べながら仕事するなどあり得ないが、それが出来るのは
アメリカの会社のいいところ。
毎日行くので屋台のおっさんとかなり仲良しになる。
で、他にどれが好き?と言って、おまけをくれるようになり、
わーいと喜んで、朝からベーグルとドーナツをばくばく食べる。
ちなみにNYのドーナツもベーグルも日本のよりかなりでかい。
それを毎日2個食べ続ける。
で、余分な肉が付き始める。
朝からそんなに食べれないからおまけは嬉しいけど、いらないよ。ありがとう。
と丁重にお断りするが、どうもおっさん勘違いして、
遠慮しなくてもいいのに。と袋に毎日自動的に2個入ってくる。
いい人だ。
残念ながら、この朝の楽しみとおじさんとの会話を1ヶ月経たなくてはいけない。
時々コーヒーだけ買いに行こうかと思う。
1ヶ月の辛抱…。
やせるかなぁ。。。
[PR]



by willcoco | 2009-03-16 14:43 | 日記

3周年記念

ものすごく忙しい。
かといって残業などしたくないので、予定を強引につめる。
忙しくなったのに、給料が減るというのはやっぱり意味が分からない。
その上残業をするなどとは、ますます腹が立つだけなので極力しない。
ここだけの話、ストレス発散&リラクゼーションの為
週に1時間くらい、豪快にさぼることにしている。
誤解されないように言っておくけど、それ以外はちゃんと仕事してますので。。。
Meetingなどと言って頻繁に外出できる特権を利用し、
友人とお茶したり、買物に行ったり、しまいにヨガに行ったり。。。

今日からちょうど3年前にNYに降り立った。
この3年。早いような遅いような。
たくさんの出会いと別れ、良い事も悪い事も日本に居たら絶対に経験できない
ことだった思う。
30歳過ぎて、長年勤めた仕事も辞めて、安定した平和な毎日から抜け出し
友達も、家族も居ないこの国に、スーツケース1つで降り立った。
最後の賭け。
貯金が底をついたら帰ろうと思っていたのに、今は大切な友人達に恵まれ、
また大好きなファッションの仕事に携わって、この地に根を下ろして
何とか生き延びている。
ゼロから始まって、今は株価300倍くらいになっていると思う。
人生賭けに出して、我ながら悪くない結果になったと思う。
自分に拍手!
[PR]



by willcoco | 2009-03-15 15:38 | 日記

Fitting

宝くじ全然当たんない。
”LIFE”という宝くじがあって、スクラッチカード式で
”LIFE”という文字が3つ現れると、大当たり。
一生死ぬまで、毎週$500が口座に振り込まれるという摩訶不思議で、
当たるとかなり嬉しい宝くじ。1枚$1

3月に入ったというのに、雪がガッツリ積もったりなどしてNYの春は遠い。

人員削減のせいで忙しくなったにも関わらず、給料は減るわで全く意味が分からない。
夏物の出荷はほぼ終わり、冬物の生産に入る。
コストを抑えるべく、海外生産にシフトし始める。
チェコスロバキアで生地を作り、カナダに送り、
中国でファスナーを作り、アメリカに送り、
日本でボタンを作り、モロッコに送って、ペルーで綿花を生地にして
カルフォルニアで染める、とかいう企画を手配させられるハメになる。
はっきり言ってめんどくさいが、あえて引き受ける。
(クビにしにくい方向に持って行く。)

生産に入る前の最終meeting。
Fittingと言って、サンプルを実際モデルに着せて
デザイン、パターン、サイズの最終チェックをするmeeting
白人男子モデルが30㎝手前で生着替え。
ああ、sexy body。
グフフフ。
袖ちょっと長いかもね。とかウエストの位置が。とか言ってやたら触ってみる。
これ、楽しい。
ジャケットのfittingに始まり、シャツ、パンツ、え、下着も?
うほほほほ。
さすがに全裸にはならないが、ビキニショーツ1枚になりほぼ裸。
あんた口開いてたよ。と同僚のコメント。
ああ、良い時間だった。。。
[PR]



by willcoco | 2009-03-09 00:40 | 日記

マンハッタンサバイバル日記
by WILLCOCO
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧