NEW YORKへ行こう!

H-1B申請

妖怪からやっと人間に戻りました。
ああ、一時はどうなる事かと…。
それでも先週は仕方なくあの顔で仕事してた訳で、アポイントもキャンセルして、officeの隅で目立たないように静かに計算業務を行う日々。
すっかり同僚も見慣れたらしく、ひどくぶさいくだと言いすっかりネタにしてしまっている。
今だ何のアレルギーか分からない。

やっと終わったH1申請。
さてH1とはなんぞ?
ワーキングビザですよ。
2度と申請するかい!と思う程、労力と金を使った。。。
誰でもいいから結婚してくれ。と思った。
ここまでしてアメリカで働きたいのか?とずっと自問自答しながら申請したものの
厄介なことにこんだけ苦労したにも関わらず、
これから審査して3割程度しか通らないという話…。
で、通ったとして、正式にビザが下りるにはまた半年掛かる。
私が今回申請したのは正式名H1-Bというアメリカで合法的に働くため必要なビザ。
去年9月に別のビザ(Jビザ:短期労働ビザ)をわざわざカナダにまで行き取ったが、
来年で期限が切れてしまうので、その前にH1−B申請に至った。という経緯。
弁護士を雇い、大学の成績から、過去の雇用先のデーター、
雇用履歴、現在雇用先情報、責任者のサイン、etc…
とにかくまるで犯罪者並にありとあらゆる書類を提出しまくった。大学の書類はともかくとして、10年前のの上司から雇用証明をもらうなどという、踊る大走査線的行動にはひどく疲労した。これを日本ーNY間で行う大変さといったら…。すっかりヘトヘトになり4月1日に移民局に到着していなければいけない書類をぎりぎり3月31日に弁護士に提出。

なんとか間に合った。
疲れた。
ものすごく。

Full timeで仕事しながら、しかもいろいろ体調の悪い中、心身共に疲れた。
もう2度と申請するかいっ!

日本に帰ったとして、
ファッション業界であれば難なく仕事が見つかると思う。
でもやっぱりアメリカに居ることに決めた。
ここまで来たからにはファッションの道を極めるべく、ある意味自分への挑戦。
言語、人種、文化、外国籍であること、いろいろなマイナス面含めて、
このサバイバルなマンハッタンの地でもう少し頑張れる気がしたから、居れるだけ居ようと思った。しかもニューヨーク好きだし♪
ちなみにH1-B最長で6年有効。
あとは審査が通ることを祈るのみ。

そういえば中国でワーキングビザ申請した時、
移民局にパスポートだけ預けて1週間後にポンっと出来上がった。
確か費用は1万円程。
まさかアメリカでこれだけ大変だとは思わなかった…。
[PR]



by willcoco | 2008-04-07 14:29 | 日記

マンハッタンサバイバル日記
by WILLCOCO
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧