NEW YORKへ行こう!

ID

identification
つまり身分証明証
日本でIDが必要になるのは、そういえば携帯電話の契約と解約の時ぐらいだった。
パスポート、健康保険証、免許証、社員証、戸籍謄本、住民票、
思いつくだけでこれだけ出てくる。
すみません今日忘れました、では次回持って来て下さいね。
という会話も成り立つ。
が、しかしここはアメリカ。
ビールを買うにも、たばこを買うにも(吸わないけど)、学校に行くにも(特に大学)、
大きな会社のビルに入るにも、Barに入るにも、Clubに行くにも、
なんでもかんでもID please.
セキュリティの為&未成年の入店禁止の為、なので理解はできる。
でもめんどくさい。
日本には酒とタバコの自動販売機がある。と言った所随分驚かれた。
ビールを買うときのID please.は君、20歳以上だよね?
に聞こえてややうれしい。
なぜかというと、明らかに20歳を超えている人には聞かないから。
そしてIDを確認した後の、この人32歳だったんだ。という顔を見るのも
かなりおもしろい。
とにかく、常に写真付きのIDを持ち歩かなくてはいけない。
私が持っているIDはパスポートと2枚の学生証(FITと語学学校)
パスポートを持ち歩く訳にはいかないのでカラーコピー。
NYに来て以来、これで何ら問題はなかった。
今週末、友人のバースデーパーティの為Clubに出掛けた所、
コピーじゃだめだ、本物見せろ。と言われ閉め出される。
本物持って来て無くしたらどう責任取ってくれるんだい、と
文句を言ってみるものの、人相の悪いでかい黒人のセキュリティの
おっさんには効果ナシ。
先に来てた彼氏に電話し、外に出て来てもらい状況を説明、というか
八つ当たり。”本物持ってこなかったの?”などとまた、
と言うものだから、”パスポートなくしたら国にも帰れないし、
ワーキングビザも取れなくなるし、そんな大事な物持ち歩く訳ないじゃんっ!!!
アメリカ人のあんたには分かんないのさ。
もう一生Clubには行かない。クソアメリカ。
もういい。帰る。”
(大人げない…)
Clubの前で大喧嘩し、1人トボトボ帰宅。
ちなみにこの男は免許証があるので問題ナシ。
最低なweekend
この際本当に免許を取ろうかと思っている今日この頃。
[PR]



by willcoco | 2007-07-02 17:36 | 日記

マンハッタンサバイバル日記
by WILLCOCO
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧