NEW YORKへ行こう!

一生終らない歯医者の話。
もうすぐ本が書けるかもしれない。

話はさかのぼり、8月末。
定期健診とクリーニングに行って、虫歯を発見され、
現在10月末。まだ治療を始められない。
この間2ヶ月。
治療内容と見積を保険会社に通知して、
保険会社が保険の補償内容を確認して、
保障金額を確認して、
保険会社が承認をして、
保険会社が歯医者に通知し、
歯医者が私に連絡をし、
ようやく私が歯医者の予約を入れることができる。。。
すでに歯医者に行くことなどどうでもよくなりそうなこの2ヶ月。
日本ならすでに5本くらいの治療が終ってそうなこの2ヶ月。
もし私がひどく痛みを伴う虫歯があった場合は一体どうするのか…?
考えれば考えるほど訳が分からないこのアメリカのシステム。
しかももっと訳が分からないのは、1回目の治療の見積金額は$3300で
2回目の治療は$6700
保険が適用されたとしても年間の私の補償範囲を軽く超えている。
(保険なのに毎年補償限度がある…)
で、歯医者と相談した結果、保険の補償範囲内で治療をし、
残りは来年の補償で治療しましょう、ということになる。
つまり、2年がかりの歯の治療…。
何このシステム。
保険のない人は上記金額を払う、もしくは払えず我慢する、
それか保険で2年掛けて直す…。
アメリカの医療制度、早く何とかしてオバマさん…。
[PR]



by willcoco | 2010-10-21 03:27 | 日記

マンハッタンサバイバル日記
by WILLCOCO
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧